自己紹介

名 前 玉置 彰宏(たまき あきひろ)
肩書き 社団法人日本情報システム・ユーザー協会 首席調査員

玉置ソフトウェア工学事務所 所長

経歴 1940年(昭和15年) 2月 神戸市生まれ
1962年(昭和37年) 3月 大阪大学工学部電子工学科を卒業
1962年(昭和37年) 4月 日興証券株式会社に入社(社名は当時のもの)
  この間に、
  • 日興證券(株)システム統括部長
  • (株)日興システムセンター取締役開発担当
  • (株)日興システムセンター取締役システム技術部長

などを歴任(社名はいずれも当時のもの)

1995年(平成 7年) 3月 株式会社日興システムセンターを退職(社名は当時のもの)
1995年(平成 7年) 4月 阪南大学 商学部 専任講師に就任
1996年(平成 8年) 4月 阪南大学 経営情報学部 教授
1997年(平成 9年) 3月 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程を修了 (工学修士)
2000年(平成12年) 3月 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程を研究指導認定退学
2002年(平成14年) 3月 阪南大学を退職
2002年(平成14年) 4月 東京情報大学 環境情報学科 教授に就任
2006年(平成18年) 3月 東京情報大学を定年退職
2006年(平成18年) 4月 東京情報大学 環境情報学科 客員教授に就任。玉置ソフトウェア工学事務所を開設
2006年(平成18年)12月 独立行政法人 国際協力機構(JICA)のICTTI(ミャンマー国情報通信技術訓練センター)プロジェクト総括に就任
2009年(平成19年) 3月 独立行政法人 国際協力機構(JICA)のICTTI(ミャンマー国情報通信技術訓練センター)プロジェクト総括を退任
2010年(平成22年) 3月 東京情報大学 環境情報学科 客員教授を退任。社団法人日本情報システム・ユーザー協会 首席調査員に就任
ミャンマー祭り実行委員会委員長(平成25年/26年)、副委員長(平成27年)
専門分野 ソフトウェア工学
研究テーマ ソフトウェア・プロセス
興味を持っていること
  1. ソフトウェアの開発現場で、ソフトウェア工学の成果を生かすこと
  2. 開発途上国で、ICT関係の人材を育成すること
主な参加団体 ソフトウェア技術者協会
日本技術士会
日本情報システム・ユーザー協会
ITコーディネータ協会
メコン総合研究所
情報システム学会
ACM
IEEE Computer Society
資 格 技術士(情報工学部門)
APECエンジニア(Electrical)
EMF国際エンジニア(EMFエンジニア・モニタリング委員会認定)
情報システムコンサルタント(日本情報システム・ユーザー協会認定)
ITコーディネータ
プライバシーマーク主任審査員
(旧)特種情報処理技術者
ネットワークスペシャリスト情報処理技術者
(旧)第一種情報処理技術者
上級システムアドミニストレータ情報処理技術者
主な著書 「ソフトウェア進化論」、NTT出版、1989年(共著).
「よくわかるコンピュータ・キーワード解説」、日経BP出版センター、1994年(単著).
「IT文明論」、平凡社(平凡新書079)、2001年(共著).
  
趣 味

スポーツ観戦(ひいきチーム/

プロ野球:阪神タイガース、
サッカーJリーグ:鹿島アントラース、
社会人ラグビー:神戸製鋼、
・・・)

旅行、ドライブ、山歩き
ジョギング(マラソン参加の記録
庭いじり、園芸
読書
その他の

肩書き

(社)日本能率協会審査登録センター諮問委員会委員長(2003年(平成15年)5月から)
特定非営利活動法人 メコン総合研究所所長(2006年(平成18年)11月から)
社団法人 日本情報システム・ユーザー協会 セキュリティセンター  プライバシーマーク審査担当(2006年(平成18年)4月から)


topページへ

作成:2007年(平成19年) 4月 5日

修正:2010年(平成22年)10月 3日